真鍮(しんちゅう)ってどんな素材?

LINEで送る
Pocket

 

時計で使われる素材の中で真鍮(しんちゅう)という素材をご存知ですか?

ステンレス、チタン、アルミという名前はよく聞くと思いますが、真鍮が使われた時計も数多く存在します。

今回は真鍮の特徴と注意点をご紹介していきたいと思います。

      

比較的安い時計に使われる

真鍮が使われている時計は比較的安い物が多いです。

アクセサリー屋さんで数千円で売られているものは真鍮の物が多いように思います。

 

劣化しやすい?

真鍮は緑青(ろくしょう)という緑や青っぽいサビが出ることが多いです。

最近は加工の技術が進化しているせいかステンレスと真鍮の見分けがつきにくい物もありますが、数年使うと劣化が大きく表れます。

また、一般的にステンレスより真鍮の方が柔らかい素材なので欠けたり塗装が剥げている時計をよく見かけます。

 

アレルギーが出やすい?

この素材は他の素材に比べるとアレルギー反応を起こしてしまう方が多いです。

私もその一人ですが、数時間付けただけで真っ赤になります。

肌が弱い人にはオススメできません。

 

真鍮のメリットは?

真鍮のメリットは何ですか? と聞かれたら、「安い」ぐらいしか思いつきません…。

真鍮の時計が悪いとは言いませんが、個人的には「ステンレス」か「チタン」がオススメです。

好みの問題もありますが、私は真鍮製の物は避けるようにしています。

 

真鍮の時計の見分け方

全てではありませんが、ほとんどの真鍮製の時計はケースに「真鍮製」という事が表記されていません。

というのも、真鍮を使っていることが「売り文句」にならないからだと思います。

見分けが難しいのですが、逆に言うと、「ステンレススチール」「チタニウム」「アルミニウム」の表記が無い物は真鍮製の可能性が高いです。(ほとんどが英語表記です。)

もちろん、購入の際は店員さんに聞くのが一番ですが、一つの目安として覚えておいてください。

 

最後に

真鍮製の時計はアレルギーを起こしてしまう方もいるのでプレゼントでの選択は避けた方が良いと思います。

なかなか人の肌やアレルギーの事って知らないことが多いですし…。

      

LINEで送る
Pocket