C管

Pocket

 

調整は割ピンタイプと似ています。

(割りピンについてはこちら)

下の画像は割ピンタイプの時計ですが、C管タイプも同じような矢印があって、その方向にピンを叩きだす目印となります。

pic018

ちなみにこの矢印が無い場合もあるので、そのようなタイプはどっちから抜いても構いません。

 

IMG_1900

上の画像はピンとC管です。(小さい方がC管)
このC管は小さくて無くしやすいのでご注意ください。
ピンを抜く工程は割ピンタイプとほとんど変わりありませんが、取り付け方が少し違います。
pic027

ベルト駒の真ん中にC管を入れます。(構造上、片側からしか入らない場合もあるので、入らない場合は反対から入れてみてください)駒と駒を繋ぎ合わせてピンを通します。
このとき、C管が落ちないようにご注意ください。
あとは割ピンタイプ同様、叩いて入れるのみです。

pic028

矢印の方向にご注意ください。

 

 

構造的なことで言えば、割ピンタイプはベルトの端で止まっているのに対し、C管タイプは真ん中でピンを押さえて抜けないようにしています。

ピンを叩いていきベルト両端からピンが飛び出していなければ完成です。

 

Pocket