自分でやってみる [ダニエルウェリントン] 電池交換

Pocket

 

dw001

 最近、 ダニエルウェリントンという時計の電池交換の依頼がものすごく増えてきました。

どうやらテレビや雑誌で取り扱われることが多かったらしく、とても人気のある時計のようです。

今回は その ダニエルウェリントン の時計の電池交換のやり方をお教えしたいと思います。

※作業をする前に必ず まず読んでください。 のページをご覧ください。※

 

(※基本的な流れは 電池交換 のページをご確認ください。)

まずは裏蓋の開け口を探しましょう。

dw002 (画像クリックで拡大)

この時計に関しては裏蓋右側(文字盤から見て9時側)にあります。

 

dw003 (画像クリックで拡大)

この写真は横から撮ったものです。

少し隙間があるのが見えますでしょうか?

ここから こじ開け を使って裏蓋を開けていきます。

(※開け方については 裏蓋を開ける のページをご覧ください。)

 

開けると下の画像のようなムーブメントが見えたかと思います。

dw004 (画像クリックで拡大)

ムーブメント上側にある銀色の部分が電池です。

 

dw005 (画像クリックで拡大)

電池の外し方ですが、まずどことどこが電池を押さえているのか確認します。

このムーブメントの場合は赤い丸の2か所ですが、

上の赤い丸の方は固定されているので下の赤い丸の方の爪を外に広げて電池を取り出します。

 

dw006

このようにピンセットやドライバーで隙間を広げるようにし、電池を外します。

電池を抜くことが出来たら新しい電池を入れます。

(※電池の種類に関しては 電池の品番の確認 をご覧ください。)

dw007

電池を入れるときはまず、上側(赤い丸)の固定されたピンの方を先に入れ、電池を抜くときに広げた方の爪を広げながら電池を押し込みます。

あまり力はいらない作業です。無理に入れようとすると爪を変形させてしまうのでご注意ください。

 

電池が入ったら裏蓋の方向を間違えないようにし、閉めたらおしまいです。

(※裏蓋の方向については 裏蓋を閉める のページをご確認ください。)

(※裏蓋が閉まらない場合は 裏蓋が閉まらない場合 のページをご確認ください。)

 

以上、ダニエルウェリントンの電池交換のやり方でした。

皆様が無事に電池交換ができたことを願っています。

 

Pocket