裏蓋が閉まらない場合

Pocket

 

電池交換を自分でするにあたって、難関の一つが、「裏蓋が閉まらない」だと思います。

スクリュータイプやネジ止めタイプなんかは簡単に閉められると思いますが、こじ開けタイプってなかなか閉まらない物も多いです。

最終的に手で閉まらいときは専用の閉め機が必要になりますが、まずは手で閉めるためのコツを紹介したいと思います。

 

 

押さえ方

ここでは時計の持ち方についてのご説明をいたします。

親指で裏蓋を押して人差し指でケース側を抑えるのが一番ベーシックな閉め方だと思います。

ただし、気を付けなければいけないのが、ガラスを押さえないことです。

IMG_1979

人差し指がガラス面を押さえていると裏蓋を押し込んだ時にガラスに負荷がかかり割れてしまうことがあるのでケースのフチを抑えるのがオススメです。

 

押し込み方

ケース側(人差し指)の抑える位置が決まったら、次に裏蓋の押し込み方です。

IMG_1978

真ん中を押し込むよりは外側(フチ)を押し込んだ方が入りやすいです。

構造上、懐中時計などの一部の時計は中心から力を加えた方がいいものもありますが、腕時計の場合は外側を押した方がいいものが多いです。

後は力に任せて押し込んでください。

 

無理をしない

先ほど、力に任せて押し込んでくださいと言っておきながらなんですが、入らないときは入りませんし、壊してしまうこともあります。

なので、そんな時は一旦あきらめてください。

おそらく入らない場合は一部は入っているけど、他の一部が浮いたまま閉まらないことが多いと思います。

そんな時は、逆に入らなかった部分を先に入れて、浮いている部分を変えて閉めるのもアリです。

(※たとえば、12時側は入ったけど6時側が閉まらない→→→6時側を先に入れて浮いている12時側に力を加えて閉める)

それでも入らないときはまた浮いてる場所を変えての繰り返しです。

※何回もやってると裏蓋の方向がズレてくるので合わせながらやってください。

 

最後に

以上がコツです。

ちゃんと閉まりましたか?

それでも閉まらないときは専用の閉め機を使いましょう。

正直なところ私も閉め機を多用します。意外に手で閉まらない時計って多いです…。

 

Pocket